September 26, 2023

09-27-23


おかげさまで既にご案内済みの関係者の間では話題沸騰中の新作ペダルですが、
本日メーカーよりSNSでドラマチックな告知画像が公開されたので、
それがフリードマンからの新作である事をお伝え出来る事になりました。

US時間の27日に情報解禁となります。

New Friedman Product Reveal with guest Michael Nielsen!

424326434.jpg

また急遽国内リリースは9月30日に決定いたしました。

メーカーがこれだけドラマチックに告知するのは過去に例を見ないので、
それがどれほどの自信作であるのかが伝わってくると思います。

日本時間28日には一斉にデモ動画が公開されるので是非ご覧下さい。

これは一生物と1人で2台ご購入を希望している知人も現れました。

お楽しみに!


☆今日のBGM☆
Roxanne - Glenn Hughes

September 20, 2023

その#5


極秘情報:その#5

個人的には古いマーシャルのトランスが生み出すトーンが好みという事もあり、
1972年のBE Modを施したマーシャルのエフェクトループのリターンに繋いでみたら
耳を疑ってしまうレベルであの時代に多くのギタリスト達が憧れた極上のトーンを
ストレスなく出せてしまっています。

IMG_9825.jpg

あまりにリアルなので70's/80'sの名曲のいろんなリフやソロを弾いてみたくなり
片っ端から弾いていますが、毎日鳴らすたびに驚かされるばかり。

過去に他のメーカーさんからリリースされたチューブODペダルを入手して
まあこんなもんでしょうと多少がっかりした経験のある方も多いかと思いますが、
このプリアンプはそれらとは全くの別次元で本当に素晴らしいです。

各お取引先店舗さんへ弊社スタッフが密かに持参してお試し頂いていて、
また動画撮影にと事前にお渡しした関係者の皆様からも
「個人的にこれは欲しい!」との高評価を頂いております。

まずほとんどの方が最初に鳴らすと「まぁこんなもんでしょう」となり、
次第に「ン?... ンン?」、そしてしばらくすると「エ?... これ何ですか?」となり、
「ヲヲヲ !これはスゴいっ!いろんなギターやアンプで鳴らしてみたい!」となります。
実は正直言って私自身もそうでしたw

オフィシャルアナウンスメントまであと1週間!

お楽しみに!


☆今日のBGM☆
Beabadoobee - Coffee

September 17, 2023

Yngwie Who ?


好きな人にはツボる、イングヴェイのプレイとそのパフォーマンス。

ステージに山の様に積み上げられているいつものマーシャルの壁とか、
ライブがスタートする前にピロピロと大音量のギターの音が聞こえてきたりとか、
頻繁にピックを投げたり蹴ったりの派手なステージパフォーマンスとか、
イングヴェイならではの定番ネタ満載で笑わせてくれますw
あそこまで突き抜けているともう良くやった!としか言い様がないし、
まだあれやってんだ!と感心し、尊敬の念すら抱いてしまいます。

そこで物販で見かけたのがこのTシャツ!
なかなかいいセンスしとりますw

IMG_9519.jpg

たまたま自分らの指定席の前にいた方がそのTシャツを着ていて、
そのTシャツの裏側にも文言がある事に気が付いて納得w

IMG_9556.jpg

そもそもGlenn HughesのBurn50周年記念ライブを見に行ったのですが、
このツアーのメインアクトのイングヴェイも久しぶりに拝見したのでした。
お元気そうでなにより!


☆今日のBGM☆
Loudness Live at Country Club LA 1984

September 12, 2023

ぼちぼち


TSC ペダルとかいかがでしょう?

ぼちぼちお目覚めのご様子ですw

NAMM 2024をお楽しみに!


☆今日のBGM☆
Steve Lukather : With a second chance Live

September 9, 2023

Glenn Hughes


格の違い、とはこういうことを言うのでしょう。
久しぶりにすんごいものを体感した夜でした。

グレンヒューズは現在72歳。"Burn"リリース50周年記念ツアー、ということは
グレンが22歳の頃にリリースされたという事になりますね。
改めてスゴすぎるw

さてDeep Purpleの曲のカバーを演奏しているバンドを見かけると
まずやはりその要であるリッチーのあのギターサウンドを求めてしまうのは
リッチーファンであれば間違いなくそこは譲れないポイントでしょう。
それほどリッチーのギターサウンドはシグネチャーサウンドとして脳裏に焼き付いていて
Deep Purpleの曲をやるならせめてあれに近いギターサウンドを期待されてしまうという
それだけでかなりハードルが高くなる難題だったりします。

そこでこのライブの予習にとツアーのライブ動画をチェックしてみたら
そのギタリストさんはまあまあいい線いっているではないですか!
それでライブを見るのがさらに待ち遠しくなりました。

しかし当日のライブでは箱の音響が良くないのか、ステージ上の音量は抑えてあるのか、
ギターの音は残念ながら期待していたほどクリアーには聴こえませんでしたが、
グレンヒューズの迫力ある歌声に圧倒され、他の事は気にならなくなっていましたw

IMG_9540.jpg

後半にはBlack Country Communionで一緒だったジョーボナマサがステージに呼ばれ、
なるほどマーシャルスタックの右隣に設置してあったフェンダーアンプの謎が解けました。
アンプの上には古いマエストロ・エコープレックスが置いてあったし、
何の為にあるのか気になっていたのでした。

Mistreated (Saban Theater, Beverly Hills CA 9/8/23)

次にステージに現れたのはR.H.C.Pのドラマー、チャドスミス。
チャドは2006年にグレンとタッグを組んでアルバムを一枚制作していました。
相変わらずパワフルなプレイでライブを盛り上げていました。
Los Angelesならではの豪快なゲストプレイヤーの飛び入りですね。

Highway Star (Saban Theater, Beverly Hills CA 9/8/23)

もちろん最後は皆さん揃ってBurn !

IMG_9545.jpg

Burn (Saban Theater, Beverly Hills CA 9/8/23)

ホンモノの概念が変わった夜となりました。


☆今日のBGM☆
Black Country Communion.Live.2011

New 11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21
16 / 929

過去の投稿一覧