Wednesday, April 20, 2016

2


デイブをはじめ フリードマン/ラックシステムズ関係者は皆VHの大ファンで
こんなペダルボードを作っては鳴らしてキッズの様にニコニコしています(笑)

422430459.jpg
もちろんデイブリー時代のVHファンの僕としてもどストライクですw!

そして片やデイブフィリップス(LA Sound Design)の工房に集まってくるのは
スタジオ系/ジャズフュージョン系とはっきりとカラーが分かれていて、
有名どころではマイケルランドウ、ティムピアス、オズノイなどが顧客です。

僕は両方とも大好物ですので、いつも両方に顔を出していますが
これだけはっきりとカラーが分かれてきたのはなかなか興味深い出来事です。

ボブブラッドショウの流れをくむこの2つの工房ですが
それぞれが得意とする世界で大活躍しています。

Monday, April 18, 2016

Combo x 2


2台のコンボアンプを1つのハードケースに収めてあるという
ニールヤングのツアーリグで目に留まったレアなデザインのケース。

4958467358858190680_n.jpg
1398173098450917551_n.jpg
USメイドのハードケースを日本に輸入するとなると
とても高価になってしまうのでなかなか仕入れはキビしいですが
やはり多くのトッププロのワールドツアーに採用されるくらいなので
その作りは頑丈そのもの!

15日にご紹介したSSの412sのハードケースも
ドラゴンケース製です。

Sunday, March 27, 2016

SRV


しばらくレイヴォーンを聴いていなかったので
これを機会にまたじっくりと聴いてみよう。
@ギタセン・ハリウッド

54530075.jpg

⭐︎今日のBGM⭐︎
Stevie Ray Vaughan- Texas Flood (1983)

Saturday, March 26, 2016

あこぎ


いい鳴りの1970 Martin D-28がギタセンにあった、とジミーから聞き
ブランチがてらチェックしにハリウッドのギタセンへ行って来た。

IMG_0050.jpg
ヴィンテージのアコギはどれも深く味わいある魅力的なトーンで
弾いていて自分は天才なんじゃないかと勘違いさせてくれる
魔法を持っていますw

ところが肝心のお目当のギターは誰かが倒したのか?
なんと6弦のペグが完全に破損していて
どう考えてもチューニング不可能(涙)
ペグの交換を店員さんにリクエストしておきました。

その後、他のアコギも片っ端から弾いてチェックしていたら
個室からナイロン弦のギターで素晴らしいプレイが聴こえてきた。
ジョージリンチが老けた感じのアミーゴの普通のおじさんが奏でる
ジャズ〜ブルーグラス〜クラシカルな世界に耳を奪われ
魔法から目が覚めた自分でしたw

よっしゃ、
今夜はアコギの練習だ。

Friday, January 29, 2016

1.4


意外にもオニギリ型の厚いヘヴィーピックを使っていました。

1873376.jpg

2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12