Monday, June 28, 2021

Fulltone PlimSoul mk2 レビュー


ユニークな二種のノブが絶妙!

Hard Soft Clipと書いてありますが、効き具合が絶妙で足りないなぁと思うところが効いてくれる。Gainと書かれていない理由は、弾いてつまみを上げていくとその理由が分かります。これくらいのハイゲインまでいけるペダルには珍しくコンプレッション感がありません。ワウンド弦の輪郭をはっきり出す事も押し上げる事も出来ますが「ワウンド弦がこもらない」、これが一番のこのペダルを使う理由です。

9V,12V,18Vと変えてチェックしてみましたが、ミッド/ローミッドが開いていきますね。9Vの方が合うフレーズもありましたし、18Vでタイトな歪みも面白く、個人的にはその間の12Vが好きな感じでした。

ローゲインドライブとハイゲインドライブと原音が高次元でミックスされた音、そのミックス具合が素晴らしく、最後まで耳を使ってチューニングされているのだなと分かります。

Clipを上げ目でギターボリュームを絞るとしなやかで細くないクランチが出ます。この状態であればタッチでリッチなクリーンもアグレッシブなクランチも右手次第。弾いていて楽しいです。

Hard Softどちらも0で音量だけを合わせてもギターのキャラはそのまま出る。そのままどころかちょっとレンジが広くなる。音が出るスピードが早くなるマジックもありました。

ギターのボリューム、タッチで表情が変わるので常にONでも楽しいペダルです。

S__6602764.jpg
表情が出したい以上に気持ちよく出るため、

1、ご機嫌なディストーション
2、音量は大きくせずに抜け良く、ワイルドなキャラを追加する

など使い方はいくらでも思い付いてしまいます。

このPlimSoul nk IIは「やっぱりこのしなやかさが楽しいよね!」とマイクさんから言われている気がします。また歪みの思考が深まりました。
大好きです。


*チェック使用機材

Fender Vibrolux Reverb
Mesa Boogie Mark1

Gibson Les Paul. Firebird
Fender Stratocaster


(追記)
今日、ビンテージマーシャルにも繋げてみました。

一次元上がるブーストをしてくれました。同じ様にしなやかにノリノリで弾ける様になりました。ホントに楽しいペダルです。中途半端なアンプでは勝てないだろうと思いました。

by Aki@Aki's Guitar Shop