Wednesday, December 30, 2020


今年2月に行われたToshi Yanagi氏率いる初期のVan Halenトリビュートバンド
"Brown M&M's"のウイスキーでのライブ動画はご覧になれましたでしょうか?

デイブフリードマンによって特別にVoicingされた1968 Marshall 50w Plexi headで
初期のエディーのトーンを見事に再現していたと思います。

そして先日お話ししたリイッシューの2007 Marshall 50wの件ですが、
デイブが言っていた通り、1968 Marshall 50w Plexiとほぼ同じ感じに仕上がり
ヴィンテージプレキシでなくてもあれを再現出来る事が証明されました。

ちなみに勘が鋭い方は気が付いているかも知れませんが、
これは元々エディーのパーソナルマネージャーのマットが持ち込んだ
エディーが長年所有しているVintageのMarshall 50w Plexiの二台を
デイブが手を加えた事から始まっていたのでした。

この僕が持ち込んだリイッシューの2007 Marshall 1987X 50wには
古いSylvania 6CA7を2本搭載し、ほぼエディーのと同じ仕様にしてみたところ
トシヤナギ氏曰く、より太くミッドの成分が多いとの事。

Variac@90vにセットし、アンプはフルアップ。
Fryette PS100を使用しています。

クリーンから歪みまで、手元のヴォリュームノブでコントロールしています。
(歪み系のペダルやEQは未使用)

皆さんにも聴いて頂きたいのでトシが動画を作ってくれていますが、
とりあえずスニークプレビューとしてTake #1"を聴いてみて下さい。
(ほぼ無理やりw)

完成バージョンの動画が届き次第またご紹介します。