Sunday, September 9, 2018

BE-100 review


BE-100のレビューを頂いたのでここにご紹介させて頂きます。
-

「Bognerユーザーから見たFriedman BE-100」

長いことBognerアンプを愛用しておりますが、視野を広げておきたいのと、昨今の勢いにも抗えず、Friedman BE-100も導入してみました。

ラウドネスやドッケン(厳密には"Phil X"モデルだったと思いますが)のライブで実際に爆音で聞いた感じや、楽器店での店頭デモ演奏でも興味をそそられました。手持ちのシステムで鳴らしてみないと本当の所はわからないのですが、そこに至らせるインパクトもありました。

Ecstasy比、体積は若干大きいですが重量は軽く、ヘッドシェル・パネルは無骨でLEDの派手さも無く、どこに同じ価格帯のパフォーマンスがあるのかと思っていましたが、BEそしてHBEチャンネルの音の"張り"そして"太さ"に驚かされました。ギターサウンドに特に欲しいミッドに徹底してフォーカスされており、HR/HM系のCDで聞かれる様な音に辿り着き易いです。クリーンも評判通り実戦のライブでも使える張りがありました。

単音弾き時もオーガニックなトーンで弾き易いです。歪ませつつも、タッピング音を発声し易い、弾き手を補ってくれるトーンです。これにはエフェクトループの音質、Old Switchも一役買っていると思います。ハウリングし出す音量も高めなので、システムの方も構築し易いです。

車に例えると...スケールが大きいので万人向けではないが、ハマる人には超ハマる"アメ車"のイメージでしょうか。今までの市販アンプには無い、豊潤なミッドの歪みを体感できます。ハードロック系のミッド寄りの音を追求している人には、結果早道のアンプですね。

(東京都/O.S)

325446263.jpg

1