Monday, July 8, 2019

reset


Smile  :)

34354034.jpeg


⭐︎今日のBGM⭐︎
Eva Cassidy - Time After Time

Friday, July 5, 2019

ジョン!


起床してメールを開いたら、さすがにヲヲヲ♪
孤高の貴公子からの久しぶりのメールに一瞬でシャキっと目が覚めましたw

プッシュしておいたフリードマンアンプに興味を示してくれていて
長年愛用しているホゼマーシャルに近いトーンであれば使ってみたい
とのことですが、ライブを視野に入れた動きだとしたらいいですね!

タイミングを見つけてデイブの工房へお連れしようかと思います。

ジェイク様とニールショーンのアンプのデザインが優先になり
しばらく作業が中断しているホゼプロジェクトですが
この流れもまた不思議です。

楽しみです!


⭐︎今日のBGM⭐︎
John Sykes - "Gates Of Hell" | Sy-Ops (2018)

Thursday, July 4, 2019

Jon !



ルークのギターテックとして世界中を飛び回っているJonによる
最新ツアーリグについての解説動画が公開されています。

ペダルボードは2年前だったか、ヨーロッパツアー後にルークの機材が
予定通りLAに戻って来なかったので急遽Jonがシンプルなボードを製作し
それがそのままルークのお気に入りとなり現在に至っています。

動画の後半部で、Bogner Helios 100のゲインについて、
80年代に慣れ親しんでいた極上の改造マーシャルのトーンを彷彿とさせるもの
だと語っています。


⭐︎今日のBGM⭐︎
TOTO Live in Fukuoka 2019

Tuesday, July 2, 2019

Lion


Lionってバンド、知ってる?」
と渡米当時の1987年に人に聞くと必ず返された言葉は
WHITE LION?」だった事を思い出しました。

たまたま渡米して直ぐにKUNIと知り合った関係もあり
Lionの存在を知ってよく彼らのライブに足を運んだものです。
とても魅力あるいいバンドでした。

43543804.jpeg
先日知り合いのレコードコレクションの中から出てきたこのジャケ写真を見て
懐かし過ぎて倒れそうになりました(笑)

タイミングの重要性を感じたバンドと言えばCry Wolfもそうでしたが、
もう3年ほど早く出て来ていたら事は違っていただろうにと
そんな事を思ったものです。

そうそう同じくLAのローカルシーンで鎬を削っていたバンドには
ポールギルバート率いるRacer Xもいました。

当時ガンズの登場でシーンがひっくり返ったのを目の当たりにしたワケですが
どこに言っても聞こえてくるのはガンズだった80年代後半から90年代初頭、
そしてシアトルからのグランジが全てを飲み込んでいったムーブメントは
行き場を失ったギターキッズ達が一気にその流れに飲み込まれていった
そんな時代だった気がしています。

ロングヘアーだったLAのミュージシャン達が揃いも揃って皆バッサリと髪を切り、
ファッションもガラッと洗練されたスタイルに変わったものでした。

ザックワイルド以外は(笑)


⭐︎今日のBGM⭐︎
Larry Carlton & Robben Ford - Live in Switzerland 2007

1  2  3