「BE-50 deluxe」 の検索結果(1/1)

Sunday, June 10, 2018

キース!


グラミー賞を3度受賞しているカントリー界の超スーパースター、
Keith UrbanがFriedman BE-50 Deluxe Custom、
そしてSmall Boxをご愛用中。

アンプスイッチャーで切り替えているそうです。

24241127.jpg

Thursday, March 8, 2018

Friedman BE-50 Deluxe レビュー


Friedman BE-50 DeluxeのレビューをM様から頂いたのでご紹介させて頂きます。
--

アンプのレビューという事ですので、一般的なシングルコイル、ハムバッカーのギターが良いだろうと判断し、Fender CS 69 Stratocaster、PRS Custom 24、また低音域の特性を理解するためにMusicman JP15 7弦で鳴らしてみました。

43532446.jpg

まずはBE-50 Deluxe(以下 BE50)のClean channelです。EQはフラットにした状態でオープンコードを鳴らしてみます。鳴らした瞬間、まずレスポンスの速さに驚かされます。また音の透明感、煌びやかな高音域、どれをとっても最高です!
Stratocasterに関してはノイズ処理をギター本体に施していませんが、全くと言っていい程ノイズが聞こえてきません。正にクリーンです。次にBRIGHT switchを切り替えてみます。!!!アンプ本体が変わったかの如く、ガラッとアンプの出音が変化しました。M社のクリーンを出したい!F社のクリーンも出したい!V社のクリーンも!といった方に最適なのではないでしょうか。またFAT switchの効きも良く、シングルコイル系のギターで中低音域をもう一押し欲しいという時に重宝します。VOICE switchは高音域の出音の特性を変化させます(こちらに関してはClean channelで使用するよりも後述しますBE・HBE channelで使用する方が、効果が大きいように感じました)。ハイゲイン系アンプのcleanに関してはオマケ程度といった物が多いというの個人的な見解ですが、BE50に関してはClean channel目当てで購入しても損はしないと思います。特にエフェクター主体で音作りされる方にもお勧めできます。

22443555.jpg

お次はBE channelです。こちらもレスポンスが速い、ピッキングタッチがもろに出ます。ゲインに関しては、クランチからハードロック系のハイゲインまでカバーしてくれます。

45366.jpg

また背部のGAIN STRUCTURE switchで3段階のゲイン調整ができます。もう少しゲインが欲しいけど、ゲインを上げてしまうとコンプレッションが増してニュアンスが出ない・・なんていう時にこのswitchを活用してゲイン調整を行えば、納得の行く音を作ることができると思います。SAT switchは、ゲイン・コンプレッションが増してサスティーンが伸びます。ニュアンスを大切にするギターリストにとってはやや不要な感はありますが、レコーディング等のシビアな場面で重宝すると思います。

 最後はラスボスのHBE channelです。!!!!!!弾いている指が止まりません!まさにあの時代の音です!繰り返しになりますがレンスポンスが速く、ガツンガツンと音が前に出ます!ゲイン、ボリュームをフルにせずとも真空管をフルアップさせたようなゲインと音が得られます。ゲインが増してもピッキングタッチに対する感度が鈍らないので、ピッキングでゲインを調整するギターリストに特に好まれると思います。また驚かされることに、恐ろしいほど低ノイズです。Clean、BE channelと同様にEQの効きが良く、音作りの幅がかなり広いです。7弦ギターで弾いても低音域は潰れることなくクリアに再生されます。THUMPをうまく活用すれば、
流行りのDjent系の音作りも可能だと思います。

2456666.jpg

以上、BE50レビューになります。Friedman Ampを購入ご検討の方で、BE50とBE100のどちらを購入しようか迷っている方は少なからずいらっしゃると思います。
BE100も所有しているため、両者を比較した上で簡単に意見を述べさせていただきます。BE50にはBE100のClean channelにはないMIDDLE、他 THUMP、RESPONSEのEQがあり、音作りの点ではBE100より幅が広く、BE50に分があるように思えます。歪みの点ではBE50の方が歪みのピークがやや早く、音作りがし易いように感じますが、音圧に関してはBE100に分があるように思えます。様々なジャンルを弾く方はBE50、ハードロック等に傾倒して弾く方はBE100といった選択でいかがでしょうか。自宅で鳴らすことも想定されていましたら、BE50のHalf switchは魅力的だと思います。

3256263.jpg

語弊がないように言いますが、両者ともに良いアンプであることには間違えありません。実際に試奏されるのが賢明かと思います。

ところでHBEの意味を皆さんご存知でしょうか? 「From LA」に記事がありますので、読んでいただければと思います。Dave Friedmanがいかにユーモアに富んだ人物であるかが分かります(笑)

長くなりましたが拙文読んでいただき、誠にありがとうございました。
これから購入を御検討されている方の参考になりましたら幸いです。

2436356536.jpg

Saturday, November 11, 2017

Friedman BE-50 Deluxe デモ


Friedman BE-50 Deluxeのデモが公開されました。

245233997.jpg
入荷しています⭐︎

Thursday, October 26, 2017

BE-50 Deluxe


11月中頃以降の国内リリースを予定しています。

IMG_3997.jpg
IMG_3999.jpg
IMG_3998.jpg

⭐︎今日のBGM⭐︎

Thursday, October 26, 2017

BE-50 Deluxe/White


日本限定・Whiteバージョン!

36534242.jpg

Tuesday, October 17, 2017

50


8月の暑い真夏日の事。
全ての扇風機がフル稼動している巨大倉庫内で
メーカーのボスとあれこれ作業をしていたら、
その倉庫内にあるフリードマンの工房エリアにいたデイブが
試作品のアンプを鳴らしてしてみて欲しいということで
早速チェックしてきました。

フリードマンは基本プレキシのトーンにこだわっているのはご存知の通り。
エディーとスティーブスティーブンスの希少なプレキシマーシャルを
常にベストなコンディションにメンテナンスしているデイブなので、
その彼がデザインするアンプはどれも間違いないとはいえ、
その極上のトーンにまた思わず笑っちゃいましたw

あのトーンは出るだろうか? 
こんなのはどうだろうか?

といつもの様に僕の引き出しから立て続けにいろいろ弾いていると
すぐさまノブを微調整してそのおいしいポイントをズバリみつけてくるデイブ。
同世代で聴いてきた音楽がほとんど同じだからかツボをよく知っているし、
付き合いが長いだけあって僕が好んで弾くプレイを知り尽くしていて、
それを聴きながらニコニコしながらのドヤ顔である(笑)

ギター本来のオーガニックなトーンを素直に引き出す事が出来て、
時間を忘れてしまうほどストレスなく心地よく弾けてハッピーになり
新しいアイディアが次々と湧き出てくることでしょう。


来月の中頃までにはご案内出来ると予想しています。
ぜひお楽しみにしていて下さい⭐︎


BE-50 Deluxe

• Buxom Betty Clean
• BE and HBE channels with their own Gain/Master
• Revoiced HBE channel (bigger/more vicious)
• Fat switch on the front panel
• Structure switch
• Thump control (resonance)
• Response control (variable negative feedback)
- softer/spongier down low
- bolder/punchier/brighter up high
• 1/2 power switch


⭐︎今日のBGM⭐︎
Jeff Beck - Truth (1968)